最新の記事は働き方についてです

面白い散髪屋さんに行ってきました!! 〜IN福島区〜


こんにちは、ミズキです。

 

本日(2019.08.15)の予想最高気温は33度。予想最適気温は28度のようです。

台風10号『クローサ』が広島に上陸したくらいです。引き続き警戒しておきたいところですね!!

 

 

今日は面白い散髪屋さんに行ってきたよって話です。

 

とても気さくな店主さんでした。

 

79歳のおじいちゃん店主

 

そこは主要道路から離れたところに位置するこじんまりとした散髪屋さんでした。

店先にはこれが回っているような昔ながらの散髪屋さん。

 

 

 

 

 

 

 

ここでちょっと小話

このくるくる回っている上の写真なんていうかわかりますか???

これの名前は『サインポール』というらしいです。

これは理髪店であることを示すものでこのの3色は世界共通とも言われいています。

英語では『barber pole』と言われており、サインポールは和製英語のようです。

 

行きつけの理髪店がその時お休みだったので、途方にくれていました。

そこで、このサインポールを見つけ、ものは試しと入店してみたんです。

 

そこにいたのはなんと御歳79歳のおじいちゃん店主でした。

 

耳が遠いみたい(・Д・)

 

ここのカットっていくらですか??

 

普通の声で問いかけたんですよ?

普通の声量で!

そしたら

 

79歳店主

あんだってぇ〜?

 

は、見事におじいちゃんだと思いましたよ。

2〜3メートルくらい離れていたんですけど聞こえなかったみたいで、こちらに近寄ってきてやっと答えてくれました。

 

79歳店主

カット2000円だよ

 

なるほど。安い。

安かったので散髪してもらうことにしました。

 

異様にうるさいバリカン

 

現在使われているバリカンってどれくらいの音量だと思いますか??

比較的静かで「ウィーン」っていう機械音が連続している感じです。

通常の理髪店なんかでは気になることもない音です。

 

ここの理髪店は違いました。。。

 

がえがっががgあえg

形容するなら耳元で工事が行われているかのような音でした。

 

耳元から大抵刈り上げられていくので耳が聞こえづらくなりました(^◇^;)/

しかも両耳。。。

 

アタッチメントも現在家庭や理髪店で普及しているタイプの簡易アタッチメントではなく、ネジを回して着脱するタイプのやつだったんです。

古い機材でした。だから耳元で工事が行われてんですね〜

 

昔ながらの理髪店で刈り上げてもらう時は要注意です!!

事前に確認しておきましょう笑

 

オーダーをしても理解されず・・・イメージと違う感じになりました

 

刈り上げの話をしたので、どんな髪型にして欲しかったかもお話ししますね

 

私は髪質的に直毛なため前髪が降りてこないんです。

 

 

 

 

 

 

 

なのでいつもはソフトモヒカンチックにしてもらっています。

栗みたいに頂上部分は髪を残して周りを短くするあれです。

イメージ的にはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

引用元:HAIRMODE SEGAWA

 

で、オーダーしたものの普段はおじいちゃんやおばあちゃんを相手にしているようで、髪型の名前にピンときていませんでした。

 

そこで、こんな感じでというイメージ写真を見せたところ、まだピンときてませんでした。

 

なんとなくこれくらいの長さでええんよね?という確認はもらいましたが、そこはすぐ察して欲しかったです(・Д・)

 

結局イメージとは違う感じになってしまったんですけどね(T . T)/

 

若い人はよほどのことがない限り行きつけのところにいくか、おしゃれな美容室にいくことをお勧めします。

 

趣味がすごい79歳おじいちゃん店主

 

髪型は満足度65%くらいだったんですけど、

サービスとしては80点くらいでした。

 

なぜかというとおじいちゃんの話が面白かったんです。

 

この79歳店主のおじいちゃん見た目が非常に若々しかったので、何かしているのかな?

と思い聞いてみたんです。

 

おじいちゃん何かスポーツされてるんですか??

 

と聞くとなんと、驚きの答えが帰ってきました

 

79歳店主

ロッククライミングしてるよ。20年以上ね

 

すごい。。。一瞬言葉を失いました。

確認したんです。ボルダリングとかあの軽いやつですか??って

 

でも違いました。20メートルとか60メートルのほぼ垂直な岸壁を登るやつだそうです。

6年ほど前からロープを使ってやっていて、以前はロープなしで登っていたそうです。

※流石にロープなしのクライミングは20メートルの高さではなかったようですが。

 

19年に入ってすでに150回以上はロッククライミングをしているようです。驚きですよね。

 

私は気になって聞いてみたんです。

 

その活力はどこから湧いてくるんですか?

 

この問いに対する79歳店主の答えがかっこよかったんです。

 

79歳店主

面白そうだったからさ。なんかやってみたいって思うと体が動くんだよね

 

きらきらした顔でそう語った店主の顔は眩しくかっこよかったです。

 

機材の紹介もしてくれました。

 

ロッククライミングの話が盛り上がってしまいには道具の紹介もしてくれました。

 

 


非常に盛り上がった散髪でした。

 

 

余談

 

 

このおじいちゃん店主家の壁を塗るのにも先ほど紹介した道具を使っているらしいです。

 

また、懸垂下降が好きらしくしょっ中楽しんでいるんだそうです笑

 

幾つになってもきらきらしていたいなって思えた瞬間でした。

 

これだから、未知の場所へ飛び込むのがやめられませんね!!

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!!

 

ではでは〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です